健康を維持するためには体重や体型の管理が大事ですが、その前提には標準体重があります。
標準体重の計算式はいくつかあり、世界ではBMI法という計算が主に利用されています。BMIによる標準体重を決めるには、公式に数字をはめ込む必要があります。BMI法で標準体重を計算した場合は、統計上、BMIの数値が22となるときに最も高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能異常等の有病率が低くなると言われています。体脂肪率を求めずとも、体脂肪率の計算自体は可能です。BMIを決める時に、脂肪の有無や筋肉量によって結果が左右されているわけではありません。ただし、標準体重になれば、標準体型になれるというものではありません。
筋肉は脂肪より重くできていますので、BMIの数値が22では外見はややふくよかに見えるらしい。。。といいます。実際はそれほど太っておらず、肥満体型ではなくても、筋肉が多いために体重の数字が大きいこともあります。理想の体型は個人的な主観によってもずいぶんと変わってきます。体じゅうに適度な筋肉をつけたいという人もいますし、とにかくすらりとほっそりしたい方もいます。個人の好みや求める方向性によって、標準体重や理想となる体型には違いが生じるようです。




BMIの数値が22では外見はややふくよかに見えるらしい。。。